HOME>アーカイブ>木の家を作るために知っておくべき木材の種類とは

茨城で木の家を建てる前に、住宅展示場・住宅見学会への参加がオススメ!

木の家は大きな買い物ですので、後悔しないために実物を見学しましょう。住宅展示場に参加して実際のその良さを感じることが大切です。

木の家に使われる主な木材の種類

  • ひのき材は水やカビ等に強く耐性があります。
  • スギは加工しやすく歴史がある建材です。
  • けやきは固く強いため柱や家具に使われます。
  • ヒバは湿気に強く菌に耐性があり柱などに使われます。
  • クリは耐水性があり虫にも強く土台の材料として活用。
  • オークは固く木目が大きめであり床に使われることが多い。
  • サクラは強度があり加工しやすく虫にも強い。
  • ブナは固く曲げに強いため床材に使用されことが多い。
  • パイン(松)は木目に魅力加工しやすいが虫対策が必要。
  • ウォルナットは艶があり床材などに使われる高級材です。

優しい香りが心身を癒す効果があります

男女

結婚を経験して、家族が増えると茨城で注文住宅を建てたい人が数多く存在します。木の家は檜などの天然の木材を使用しているので、優しい香りが心身を癒す効果があります。鉄筋コンクリート製住宅に比べると、木の家は通気性に優れており、結露やカビなどが発生しにくいです。茨城の専門業者は、地域に密着をしているので、親切で丁寧な応対を心掛けています。地元の木材を使用した、安全性の高い注文住宅を建ててくれます。注文住宅のメリットは、お金を掛ける部分と省く部分を作ることで、費用を抑えることが出来ます。耐震性や耐風性、耐久性に優れた木の家を建ててくれるので、まずは相談をしてみると良いでしょう。災害時でも安心して暮らせる住宅を得意としています。

人体に有害な成分は使っていません

一軒家

高齢者や子供のいるご家庭では、シックハウスやアレルギーなどが心配な人がほとんどです。茨城の専門業者の木の家は、人体に有害な成分を使用していないので、アレルギー疾患のある人も安心して暮らせます。壁材などは漆喰や珪藻土を選ぶことで、人体に優しい注文住宅を建てることが出来ます。

広告募集中