茨城の木の家の”ミリョク”

茨城で注文でできる木の家は、自然素材で温かみがあり快適な暮らしができると人気です。夏は暖かく冬は涼しい木の家に注目しましょう。

木の家を建てるなら事前にチェックしたい問題点

no.1

地震・耐震性は心配ないか

新耐震基準で作られた木の家は、他の家や古い家屋と比べてむしろ圧力に強く耐震性があります。

no.2

水害対策が講じられているか

近年は雨による被害の大きいものがあり、浸水や倒壊などに対策を講じられている必要があります。

no.3

台風・強風や竜巻の被害

温暖化により台風や竜巻など建物の倒壊が懸念され、基礎や屋根の強度アップなど対策が必要です。

no.4

木材の腐食・シロアリ

木の家を建築する上で注意したいのは、木材腐らせない環境構築やシロアリによる悪影響への対策です。

no.5

寒さ対策に気を使う

木材は断熱効果がありますが、断熱材や断熱パネルを使った仕様でより効果を高めることが可能です。

部屋

無垢材を使った家作りをしています

注文住宅を建てる時は、人体や環境に優しい素材を選びたい人がほとんどです。茨城の工務店では、檜やひば、杉などの木の家を建ててくれます。自然素材の無垢材は、家の湿度を一定に保つことが出来るので、一年間を通して快適に生活が出来ます。茨城の工務店では、耐震性や耐久性、断熱性に優れた家作りをしています。現代は電気代などの光熱費が上がっているので、なるべく節約をしたい人が多いです。木の家は冬は暖かく、夏は涼しく快適に暮らすことが出来ます。高品質で上質な外壁や屋根の素材を選んでおくことで、強い紫外線や風雨の影響を受けにくいです。小さな子供や高齢者、アレルギー疾患のある人も安心して暮らせます。茨城の工務店は地域に密着をしているので、親切で丁寧な応対です。

木目が非常に美しいのが特徴です

木の家は和風建築の良さを活かしながら、モダンな印象の内装やインテリアにすることが出来ます。外観は古民家風でも、最新の住宅設備を導入することで、家事や育児がしやすくなります。茨城の工務店の木の家は木目が美しく、経年できれいな色に変化します。年月を重ねるごとに、家に愛着を感じられるようになります。現代はストレス社会になっているので、自宅ではゆっくりとくつろぎたい人がほとんどです。木の家は素朴で温かみが感じられるので、鉄筋コンクリート製住宅にはない魅力があります。

広告募集中